御菓子司 「梅泉堂」京都・一条通西大路西入TEL 075-461-7336
ホーム > 季節の上生菓子 > 初夏の上生菓子
初夏の上生菓子

初夏の上生菓子 唐衣 初夏の上生菓子 唐衣
唐衣にたとえられるかきつばたを模ったお菓子
です。 ういろう製の皮にこしあん。(要予約)
200円

初夏の上生菓子 藤 初夏の上生菓子 藤
棚から長く垂れ下がって藤の花が咲く様はとても
優雅です。 練り切り製で中にこしあん。
180円

初夏の上生菓子 柏葉 初夏の上生菓子 柏葉
柏の葉っぱは大きくて丸くてとても柔らかな印象です。
練り切り製で中にこしあんを包んでいます。
180円

初夏の上生菓子 新緑 初夏の上生菓子 新緑
初夏を迎える頃、木々に青々とした葉っぱが
みずみずしく生い茂ります。かえでの新芽は
中でもたいそう可愛らしいものです。
練り切りでこしあんを包んだもの。
180円

初夏の上生菓子 つつじ 初夏の上生菓子 つつじ
山肌につつじが咲き誇る頃、季節は間もなく
初夏を迎えます。きんとん製、中はつぶ餡。
180円

初夏の上生菓子 花菖蒲 初夏の上生菓子 花菖蒲
初夏の頃、紫の花が一面に咲き乱れる。
五月の色というのは、何となくこの花の色のような
感じがします。練り切りをこしあんで包んだもの。
180円

初夏の上生菓子 紫陽花きんとん 初夏の上生菓子 紫陽花きんとん
紫陽花が色づく頃、雨の多い季節が始まります。
手まりのような可愛らしい花なのに、色が変わる
ことから七変化とも呼ばれるとか。
きんとん製。中はつぶ餡です。
180円

初夏の上生菓子 落とし文 初夏の上生菓子 落とし文
葉っぱを巻いてゆりかごを作るオトシブミという昆虫が
いるそうです。その形が巻き文に似ていることから
この名がついたとか。素敵な名前ですね。
練り切りで作った葉っぱでこしあんを巻いています。
180円

初夏の上生菓子 ぼたん 初夏の上生菓子 ぼたん
大輪の花がとてもあでやかな牡丹。
この蕾ももうじき開きそうです。
練り切りでこしあんを包んだものです。
180円

初夏の上生菓子 朝露 初夏の上生菓子 朝露
初夏の朝早く、日々濃さを増す緑の上に朝露が
おりています。そんなさわやかな感じを表現した
お菓子です。きんとん製、中はつぶ餡です。
180円

初夏の上生菓子 水ほたる 初夏の上生菓子 水ほたる
水面に広がる波紋が涼しげな印象です。
黒砂糖寒天製、中は白あんに小豆添え。
180円

初夏の上生菓子 蛍狩り 初夏の上生菓子 蛍狩り
美しい水のもとにしか育たない蛍。
暗闇に繰り広げられる光の饗宴はたいそう神秘的です。
練り切り製。
180円

初夏の上生菓子 びわ 初夏の上生菓子 びわ
ぽっこりとかわいい形をした枇杷の実をお菓子に
しました。
練り切りでこしあんを包んだものです。(要予約)
180円

初夏の上生菓子 青梅 初夏の上生菓子 青梅
雨が多くなる頃、青梅が収穫時期を迎えます。
ウイロ生地で中は白あん。
200円

> このページの一番上へもどる

御菓子司 「梅泉堂」
住所:京都市北区大将軍一条町153TEL:075-461-7336
営業時間:AM9:00〜PM6:00
定休日:毎週火曜日

∴ホーム ∴ご案内 ∴定番商品 ∴季節の上生菓子 ∴季節の生菓子 ∴祝い菓子 ∴京都ええとこ ∴リンク集

本サイト内のいかなる画像・記述も無断使用・転載を禁じます。
Copyright©2004-2008 Baisendo. All rights reserved.